WiMAX2+のエリア展開!:WiMAX2+.com

WiMAX2+のエリア展開

WiMAX2+のエリア展開!

いよいよサービスインした下り最大220Mbpsの高速通信が売りのWiMAX2+。最大40Mbpsだった従来のWiMAXと比較して3倍近い通信速度がメリットですが、いざ導入しようと考えるとどうしてもエリアについて気にしなくてはなりません。

 

従来のWiMAXはそれなりに長い時間をかけてエリアを広げてきました。今では地下鉄駅なども含めて都市圏で生活している限りはほぼ不便を感じないレベルにまで充実しています。

 

一方でWiMAX2+はこれからの部分もありますが、ほとんどが通信可能な地域になってきました。もちろん従来のWiMAXが使用可能な場所では従来どおりWiMAXでの通信が可能なので、速度を気にしなければそれほど問題はありません。WiMAXとWiMAX2+の両方を使用するには特に追加料金が発生するわけではないですし、実用上はシームレスな使用が可能ですから不便はないでしょう。

 

とは言うもののせっかくWiMAX2+を導入したのであればそのメリットを最大限生かしたいものです。

 

2013年11月現在のマップを見ると、東京であれば23区内でも結構な穴があります。新宿副都心近辺に電波が来ていないのがとても不思議ですが、基地局等の準備が手間取っているのでしょうか。
2014年に入ってどんどんWiMAX2+のエリアが広がってきています。2015年になり、全国22都道府県で使えるようになりました。
関東ではほぼ全県、大阪や名古屋、札幌・仙台・広島・福岡もエリア内です。
WiMAX2+が圏外でも、WiMAXやオプションでauLTEエリアも使えるので、それでも十分といえるでしょう。

 

しかし今後整備される地域や設備の交換などがある場所では当然ながら新しい規格の設備が導入されるでしょうから、今のうちから新しい規格に備えておくことは重要かも知れません。もちろん出来れば自宅で使えればベストです。通信量無制限が他の通信規格と比較しての最大のメリットですから、WiMAXでもより高速通信が可能であれば導入すべきです。下手すると固定回線よりも高速な通信が期待出来ます。

 

今後のWiMAX2+のエリア拡大予定は、このようになっています。

 

 

最新のWiMAX2+のエリアはWiMAX2+動向のページでチェックできます!
あなたの街もすでにWiMAX2+が使えるのであれば、最強・最速のモバイルWiFiになるでしょう。
ユーザの利便性を考えるとより早期のエリア拡大が強く望まれます。
また最新のキャンペーンや、エリア情報、速度などはこのブログがおすすめ
WiMAX比較
実際にWiMAX2+を持っている方の情報はとても分かりやすいですね。

 

WiMAX2+ メリット デメリット

 

WiMAX2+のエリア展開!エントリー一覧