WiMAX2+.com これからの標準!速度比較から最新キャンペーンまで

WiMAX2+を使うには、MVNOかMNOどっちがいいの?

WiMAX2+を使うには、MNO(Mobile Network Operator)または、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)に契約する必要があります。
MNOとは、WiMAX2+の回線を独自に持っている会社でUQ WiMAXのことを指します。一方のMVNOとは、MNOから回線を借りて独自でキャンペーンや割引をしている会社で、BIGLOBEやNifty、So-netといったプロバイダなどが集まっています。

 

MVNOもMNOも速度は同じ

 

MVNOのほうが安いから、MNOとMVNOで速度が違うんじゃないの?とご質問される方が良くいらっしゃいますが、同じWiMAX回線を分配しているだけなので速度が変わることはありません。MVNOの場合、独自で回線を持っていないため、保守代やそれに掛かる人件費が必要ない為、割引やタブレットプレゼントなどをつけることが可能になります。

 

WiMAX2+を使う場合は、MVNO(UQ WiMAX)かNiftyなどのMVNOのどちらかと契約するのですが、MNO、MVNO両方にメリット、デメリットがあるので自分の使用方法を考えて契約してみてください。

WiMAX2+ MVNO比較

UQ WiMAX(MNO)のメリット・デメリット

さまざまな料金体系が選べる

MVNOの場合、UQ Flatツープラスという2年契約のものに入る条件で、割引などが適用されますが、UQ WiMAX(MNO)の場合、既存のWiMAXのプランもあるため、1年契約や、一日契約などさまざまなプランが選べます。

使用用途によって選べる

ノートPCにWiMAX2+、WiMAXが内蔵されているものがありますが、その場合、UQ WiMAXであれば、ノートPC一台でインターネットにつなげることが可能です。
また、ルーターはUSBタイプを選べば、ディスクトップPCにUSBルーターを差すだけでインターネットが出来ますし、ポケットルータータイプを選べば、持ち運びが可能なインターネットWiFiになります。
もちろん家庭用のルータータイプもあるので、通信用途によって端末を選ぶことが可能です。

 

料金がMVNOと比べて若干高い

UQ WiMAXはWiMAX回線を自社で管理している為、通信設備の保守や人件費などで費用が掛かります。その分上乗せされる為、NiftyやBIGLOBEと比較すると若干ですが月額が高く設定されています。

 

参考:

契約会社 プラン 月額料金
UQ WiMAX UQ Flatツープラス(2年間定額) 3,696円
Nifty WiMAX2+ WiMAX 2+ Flat 2年(2年間定額) 3,670円
BIGLOBE WiMAX Flat ツープラス(2年間定額) 3,695円

プランの名前は違いますが、全て2年間の契約でいくら使っても同じ値段になります。(au LTEを使った月はこのほかに1,005円のオプション料金が掛かります。)

 

 

MVNOのメリットとデメリット

では、次にMVNO(BIGLOBEやNiftyといったUQWiMAXから回線を借りて運用している会社)で契約をする場合のメリットとデメリットを解説します。

 

割引料金以外のキャンペーンでお得に

MVNOは、回線の保守・運用などの必要が無いため、月額を抑えて設定していたり、キャッシュバックや、タブレットのプレゼント、ゲーム機等のプレゼントなどユーザーに特典を差し上げて、独自のサービスを展開しています。たとえばキャッシュバックは一万円を超える会社もあるので、その特典を月額の支払いにまわしたりするとお得にWiMAX2+を使うことが出来ます。また、最近はやっているタブレットなどのプレゼントをもらうことも出来るので、奥さんやお子さんへのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

 

WiMAX2+のルーターが0円

MVNOは、持ち運び可能なルータとセットで2年間の契約をしているところがほとんどなので、自分でルーターを選ぶ手間も省けます。一部のMVNOでは、ルーターを選ぶことも可能です。

 

MVNOのデメリット

特にありません。MNOとMVNO、使っている回線や速さは同じです。料金はMVNOのほうが低めです。あとは、ノートPC内蔵のWiMAX2+を使いたいなど特殊な用途で無い限りは、MVNOのほうがお得です。

 

WiMAX2+を取り扱っているMVNOの一覧と比較

WiMAX2+ MVNO比較

とくとくBB

インターネットプロバイダやドメイン管理として有名な会社です。WiMAX以外光ファイバー、ADSL、LTEなどのサービスも提供しています。タブレットキャンペーンが好評で、安定した企業イメージがあります。

WiMAX2+ MVNO比較

BIGLOBE

名前は聞いたことがあるはず。Niftyと同様、インターネットプロバイダ。LTE、3G、フレッツ光、auひかりなどのサービスを展開。格安スマホも取り扱っている企業です。Kindleプレゼント+キャッシュバックで勢いに乗ってます。

WiMAX2+ MVNO比較

So-net

ソニーグループ会社のSo-netは知名度が抜群。インターネットプロバイダとして、Nifty、BIGLOBEと共に人気です。WiMAX2+では、キャッシュバックキャンペーンで常にNo1を維持しています。

WiMAX2+ MVNO比較

YAMADA air mobile

家電量販店ではヤマダ電機が地元ユーザーから人気ですね。無料でのWiMAXレンタルもやっているので、お店が近い方は、ヤマダ電機で借りるのが安心かも。

WiMAX2+ MVNO比較

nojima WiMAX

nojimaのWiMAXは、お店に行ってもあまり宣伝していないので力を入れていないような雰囲気ですが。

WiMAX2+ MVNO比較

BIC WiMAX

ビックカメラやソフマップ、コジマ電気で販売しているWiMAXはBIG WiMAX。特に安い訳ではありませんが、ビックカメラで良く買い物をする人にはおすすめ。

WiMAX2+ MVNO比較

株式会社ワイヤレスゲート

ヨドバシカメラといえばワイヤレスゲート。こちらも料金的には、キャンペーンなどの割引は無いですが、お得意様には良いかも。

WiMAX2+ MVNO比較

エディオン

こ家電量販店エディオンは、インターネット通販でも有名です。ただ、WiMAX2+の契約は、店頭のみです。

WiMAX2+ MVNO比較

ASAHIネット

こインターネットプロバイダで、知っている人も多いASAHIネット。上場企業だけあって、ノウハウなどもバッチりですが、キャンペーンが他と比べるとやや低めかも。

WiMAX2+ MVNO比較

DIS mobile WiMAX

DISは、ダイワボウ情報システム株式会社のサービスです。WiMAX2+以外でもWiMAXも取り扱っており、料金サービスが豊富です。

WiMAX2+ MVNO比較

Pilina

京セラ系列のサービスで、主に法人向けのプランやサービスに力を入れています。

WiMAX2+ MVNO比較

ネットワークコンサルティング

WiMAXのポケットルーターMobile Cubeと言えばこの会社。Mobile Slimも作っています。主に端末を提供しているので、MVNOとは少し違います。

WiMAX2+ MVNO比較

J:COM WiMAX 2+

こケーブルテレビ大手のJ:COMは、インターネットプロバイダとしても人気が高いですね。J:COM加入者であれば、割引もあるのでぜひ参考にしてみてください。

WiMAX2+ MVNO比較

au

携帯、スマホでも知名度があるau。スマホにWiMAX通信が出来る機種などを開発していたり、WiMAX2+に加入するとauのスマホ代金が安くなったりするので、auスマホユーザーは、確認してみてください

 

 

 

 

 

WiMAX2+ MVNO比較エントリー一覧

@Nifty WiMAX2+キャンペーン

@NiftyのWiMAXは、タブレットPCのプレゼントか、キャッシュバックキャンペーンで人気があります。キャッシュバックの金額は、毎月変わっており、今月は1.5万円以上も。これを月額の料金に充てれば、とてもお得にWiMAXが使えますよね。そして、もう一つのWiMAX2+のキャンペーンは、タブレットが...

続きを読む

とくとくBBキャンペーン WiMAX2+

面白い企画が始まってますよ。WiMAXの中でも人気が高いとくとくBBですが、キャンペーンが豊富でどれを選んだら一番お得なのか?調べてみました。とくとくBB WiMAX2+美顔器(ReFaCARAT)キャンペーンなぜ?!WiMAX2+を買うと、あのゲルマニウムローラー美顔器、ReFaCARATがついて...

続きを読む