Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11が発売

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

2014年6月にNECから発売されたWi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11。HWD14よりも軽く、薄くなっています。

WiMAXハイパワーにも対応しているので、WiMAXの送受信で、電波の届きにくいエリアでも快適に使えるようになっています。ハイスピードモード、ノーリミットモードに対応しているので、au4GLTEを使用しない方にとっては薄くて軽くてとても使いやすい設計といえるでしょう。休止状態からWiFiの利用開始まで約8秒という速さのクイック起動が使え、スマホからのリモート操作で利用開始できるアプリも用意されています。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

専用のクレードルセットを使えば、無線LANやWiFiが搭載されていないPCでも有線で繋げてインターネットに接続可能になります。連続通信時間がWiMAX2+が7時間、WiMAXが10.5時間とNAD11は、十分使えるルーターといえるでしょう。

 

 

主なスペックは以下の通り

大きさ 約109(W)×65(H)×8.2(D)mm
軽さ 約81g
最大同時接続数 10台
製造元 NECアクセステクニカ株式会社
連続待受時間 休止状態:約500時間
下り速度 最大110Mbps

 

WiMAX 2+ NAD11を実際に使ってみた感想

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

NAD11を実際に使ってみました。最初にNAD11にもった感想は、とにかく軽い。今までのルータはどちらかというとがっちりしていて、バッグの中でも場所をとっているような気がしました。でも、NAD11は名刺入れや定期入れの中にも入るサイズで、とても軽い。持っているのを忘れさせるWiMAX2+ルーターです。この辺は、さすが日本製ですね!

詳しいNAD11のレビューはこちら⇒nad11 レビュー

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

たとえば、NDA11をかばんや定期入れの中に入れた場合、電源を入れる時にとりだすんでしょ?って思うかも知れませんが、取り出さないでスマホから起動させることが出来ます。しかも休止状態からわずか8秒で、利用開始ができ、待ち受け時間もスマホからのリモート起動ありで300時間(12.5日)。NAD11はau4GLTEが使えない?!デメリットとしてはこれだと思いますが、使う人によってはメリットになります。たとえば、無制限でWiMAX、WiMAX2+を使いたい人。au4GLTEのハイスピード+エリアモードにすると1ヵ月7Gの通信制限が発生してしまいます。これはLTEの仕様に引っ張られてしまうためだそうです。しかし、NAD11はその心配がありません。また、常に定額料金で使いたい人。au4GLTEは、使った月だけオプション料金1,050円が上乗せされます。NAD11はau4GLTEが無いため、常に定額料金になっています。

 

次はWiMAX2+ キャンペーン比較でNAD11を無料でもらっちゃおう!

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の特徴

NAD11を使うなら、Niftyでタダでもらって、タブレットPCまたは、15,000円のキャッシュバックプレゼント!今ならまだ間に合う!nifty公式サイトでチェック⇒http://.nifty.com/