WiMAX2+.com モバイルの標準!速度比較から最新キャンペーンまで

 

WiMAX2+とは?

WiMAX2+ モバイルの標準!速度比較から最新キャンペーンまで

WiMAX2+は、現在サービスエリアを順次拡大中の超速モバイルネットの一種です。

WiMAX2+とは、UQWiMAX社が、WiMAXの次のモバイル通信規格として進めているサービスです。2013年に総務省から認定、20MHzの周波数幅の使用を許可され、現在WiMAXで使用している30MHzと合わせ50MHzの周波数幅を持つ高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+(ワイマックスツープラス)」が誕生しました。
そして、2013年10月から、下り最大速度110MbpsのWiMAX2+が始まり、全国に展開。そして、2015年春から110Mbpsの周波数を2つ束ねて220Mbpsとした技術キャリアアグリゲーションのWiMAX2+が開始。2016年7月に3つの周波数の束を重ねて通信を行う3CA(スリー・キャリア・アグリゲーション)に対応。370Mbpsに速度アップ!W03ルータで対応しています。

 

WiMAX2+の特徴

WiMAX2+ モバイルの標準!速度比較から最新キャンペーンまで

WiMAX2+がほかのWi-Fiを使ったモバイル通信と違う大きな特徴としては、速度制限なしで使い放題でインターネットを利用することができる(ギガ放題使用時)ということです。(他のユーザーへの配慮から3日間で3GB以上使用するヘビーユーザーの方は次の日、速度が制限されます。)

 

他の携帯電話会社などから出ているモバイル通信は、月7GBまでなど制限があり使いすぎると追加料金が発生する場合があります。しかし、WiMAX2+ではルーターを切り替えるだけで通信速度に制限なく追加料金も発生せずに快適にインターネットを利用することができます。
工事も配線も不要でインターネットができるため、通常の固定回線を契約するときよりも短時間で開通させることができます。

 

WiMAX2+があればで固定回線も不要に!

月間の通信制限なしで追加料金もなく使い放題のため固定回線から乗り換える人もいます。他にも、家族で使うことができるオプションプランもあるため単純に契約数を増やさずに使うこともできます。
また、ひとつのルーターで複数のWi-Fi機器を同時接続することができるため、タブレットの通信契約をせずに使うことやスマートフォンをWi-Fiでつないでインターネットをしたりと用途に合わせて使い分けることもできます。

 

WiMAX2+は順次エリア拡大中でまだ対応エリア外の地域で使いたい時は、ルーター端末をWiMAXやLTEに切り替えることができます。速度は少し遅くなりますが、その代わりに対応エリアが広いため旅行先や外でもインターネットを使いたい人にはとっても便利です。LTEは使った月だけ使用料がかかるシステムになっています。スマートフォンでデザリングしてインターネットもできますが、電池消耗が早かったりなどデメリットもあります。
料金プランには、継続利用をすることでお得になるプランがあります。ただし、途中解約すると解約手数料がかかってしまいます。他にも、料金設定が2段階になっているプランや1日だけのプランなどあるため、使い方に合わせてプランを選ぶことができます。

WiMAX2+ 速度

 

このエントリーをはてなブックマークに追加